インプラント・神戸市・歯科・清水歯科医院

文字大きさ

TEL 078-732-3461

治療内容

TOP >  治療内容

医院紹介

インプラント

予防と治療

スタッフ募集 インターネット予約

清水歯科

インプラント・歯周病・補綴
予防歯科・CT

清水歯科医院 
神戸市須磨区大黒町3-4-13
清水デンタルビル5階
山陽電鉄・神戸市営地下鉄 板宿駅前すぐ TEL   078-732-3461
予約用 0120-51-6480

インプラントの治療内容 -術前の検査-

医療面接(問診)、口腔内・歯周検査、血液・生化学検査、CT撮影

インプラントシュミレーションソフトによる診断

医療面接(問診)で、まず、最もお困りのこと(主訴)を伺い、その原因を探り、可能な限り、このことに対応します。
その後、必要とご希望に応じて、口腔内の状態を診査し、インプラントが適応か否かを診断します。
インプラント適応と診断した場合、さらに詳しい検査を行うための資料の採取を行います。
多くの場合、初回来院された日には、インプラントのための特別な検査や診断は行いませんので、
健保適応で対応させていただいていますので、健康保険証をご持参ください。

安全で確実なインプラント治療には、診査・診断が最も重要です。
噛み合わせ、残っている歯とはぐきの状態、顎の骨の形や密度などなど、
清水歯科(院長:清水孝治)のインプラント治療や智歯の抜歯、上顎洞炎、顎関節症などでは、
 CBCTで、3次元的な顎骨診断を行っています。

kizai9

インプラント治療は外科的な処置も伴いますから、内科的な検査も必要です。
血液・生化学検査でご本人も気づいておられない病気が見つかることもあります。
安心して、より安全、より確実な治療を行うために、採血をさせていただきます。

Blood

 上記のCT画像診断や血液・生化学検査は、根拠に基づく診査・診断に大変重要な検査であり、
この工程のないインプラント治療は無謀と言わざるを得ません。

インプラントの治療内容 -治療の開始-

1.治療計画の作成コンサルテーション

前回採取した診断用の模型、レントゲン写真、口腔内写真などを用いて、現在の顎・口腔の状態、これから行うべき治療の概要(期間・費用・インプラント以外の方法も含めた治療内容)をご説明させていただきます

image1

 

marker2_ph1[1] (2)

marker2_ph2[1] (2)

どれほど素晴らしい治療計画を立てても、そのとおりに手術が行われなければ、その計画はただの絵に描いた餅です。計画を具現化するためにはシミュレーションは必須です。

2.初期治療 Initial Preparation

インプラントに限らず、歯科治療は口の中全体の状態が良くならないと、良い結果は得られません。 残っている歯の虫歯や歯周病の治療も一緒に始めます

症例1 右上の前歯(側切歯)の歯根破折症例

kizai10

症例2 重度歯周病症例

kizai11

歯は、一本一本が機能しているのではなく、一口腔単位で機能しています。
したがって、総合的な歯科治療、口腔衛生管理が必要です。

3.プロビジョナルレストレーション Provisional Restoration

kizai12

多数歯の欠損だけではなく、前歯などの場合には、治療中の審美性も大切です。
当院では、もちろんそのような配慮も忘れてはいません。

4.インプラントのための付加的な処置 Optional Surgical Treatment

歯やインプラントを支える骨や歯ぐきの手術が必要な場合はここで行います。
下記の図は骨(土台)を増やすサイナスリフトという処置の一例です。
このような処置が必要かどうかは最初の診断でわかります。

インプラントに関する習熟度の低い歯科医にはできない治療、それがボーンオーギュメンテ―ションやソフトティッシュマネージメントです。

「あなたにはインプラントは無理です。」と言われた方もあきらめないで、
当院にご相談ください。当院では可能かもしれません!

5.サイナスリフト Sinus Lift

インプラントのための人工歯根を植立するところに(特に上顎)に質のよい骨が十分にない場合に骨を増やすための処置(手術)をサイナスリフトといいます。

サイナスリフト以外にも、粘膜の状態を改善する方法が開発されていて、そのままではインプラントができなかったり。難しかった症例も、適応可能になってきました。

おそらく、このような処置ができる歯科医はまだ、5%に満たないと思います。
日・米両国で専門医の認定を受けた当院院長(清水孝治)が最も得意とする治療です。

kizai13

 

6.インプラント埋入処置 Implant Placement

チタン等でできた人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋めこむ処置です。

kizai14

 

7.経過観察 Observation

手術後は、翌日の洗浄・1週間から10日後に抜糸、(フラップレスの場合には抜糸はありません。)その後はインプラントが骨にしっかりつく(オステオインテグレーション)のを待つばかりです。
骨移植などの付加的な治療が無ければ術後の腫れや痛みは歯を抜いた後のそれと同じ程度です。いや、もしかしたらそれより楽かもしれません。
ですが、決して不摂生は禁物です。歯ぐきからばい菌が入らないように、ちゃんと処方された薬を飲んで、医師からの指示を守ってくださいね。

8.2次処置 Secondaly Treatment

kizai15

9.プロビジョナルレストレーション Provisional Restroration

インプラントが骨にしっかりつけば、いよいよ最終段階? いいえ、ここでもう一度チェックです。 最終的な上部構造(インプラントに取り付けられる人工歯)を想定した仮の歯を装着してみます。(少数歯のインプラントの場合にはこの工程が省かれる場合もあります。)

kizai16

歯の形状・配列はこれでいいでしょうか?
メンテナンスやブラッシングはしやすいですか?
ちゃんと噛めてますか?
おしゃべりしやすいですか?
大凡の見た目も気に入って頂けましたでしょうか?
などなど、
ここでいろんなことをチェック、チェック、チェック!

10.上部構造の装着 Final Restroration

今度こそ最終段階、どうですか!
さあ、これで終わり?
いいえ、これからがはじまりです。
もうこれを最後の治療にするための
新しい生活のはじまりです。

kizai17

kizai18

11.メインテナンス Maintenance

永く快適に機能させるために最も大切なことはメンテナンスです。
装着後1週間、1ヵ月、3カ月、6カ月   車みたいって?、
そうインプラントや歯科の治療はあなたの生活を快適にするための手段です。

そういう意味では車と同じ!!車は税金、保険、ガソリン、高速代、駐車場などなど、後の経費が大変だけど、インプラント治療では医療控除が受けられるから、逆に税金が返ってきます。

治療後のインプラントのためだけの特別な事なんてありません。
歯ブラシなどのケア用品とメンテナンスの費用ぐらいですね。
でも、これはインプラントをしなくても必要なことです。

prev1

日々の口腔ケアがもっとも大切

PMTC

年に3回程度のチェックとクリーニング