インプラント・神戸市・歯科・清水歯科医院

文字大きさ

TEL 078-732-3461

診療について

TOP >  診療について

医院紹介

インプラント

予防と治療

スタッフ募集 インターネット予約

清水歯科

インプラント・歯周病・補綴
予防歯科・CT

清水歯科医院 
神戸市須磨区大黒町3-4-13
清水デンタルビル5階
山陽電鉄・神戸市営地下鉄 板宿駅前すぐ TEL   078-732-3461
予約用 0120-51-6480

診療科目

歯科全般(保存・歯周病・補綴・インプラント・口腔外科・小児歯科・予防歯科・歯列矯正)

 

審美治療に対する考え

お口の美しさの要素

syoukai1

お口の中には歯と歯ぐきがあり、いくら歯だけを白くしても、自然な美しさにはたどり着きません。
清水歯科(院長:清水孝治)はただ、歯をまるでトイレの便器のように白くすることが審美歯科ではないと考えています。健康な天然歯と区別がつかない自然美こそが本当の歯の美しさではないでしょうか?
また、健康な歯肉を保たなければ、本当に口元の美しさを得ることは出来ません。つまり、美しい口元は、けして人工物に置き換えることをだけで達成できるものではないということです。

 

 

美しさとは(審美歯科を標榜しない理由)

「美しさ」は単なる外見的なことだけではないと思います。また、その根底に健康という裏打ちがなければ、持続可能なものにはならないと思います。
清水歯科(院長:清水孝治)は、あえて審美歯科を前面に出して謳いません。単なる表面的な審美的手法は真の美しさに繋がるものではなく、それは、エステではなく、似非になってしまうかもしれないからです。また、審美を考慮しない歯科治療はありえないとも考えています。それは、審美はもともと、歯科治療にとって必須の条件だからです。
だから当院は、あえて、審美歯科をとりたてて標榜しないのです。
清水歯科(院長:清水孝治)は病的な美しさを認めていません。
清水歯科(院長:清水孝治)が行うことはすべて、健康の回復・増進につなげたいと考えています。

当院の治療に対する姿勢

初診のとき、初めて皆様とお会いする日、私たちはあなたの持つお口に悩みを伺い、その原因を探り、解決策を模索します。
皆様の希望に、皆様の現実を近づけるために、私たちは私たちの知識と経験を100%出しきりたいと考えています。
 予防処置、軽度の歯周病や虫歯の治療、治療後のメンテナンスの体制も整っています。
子供達には特に、予防や指導に重きをおいた診療を行っています。

コンセプト

お口の健康はなぜ大切なのでしょうか?

1.食べる
なんといっても、まず食事が美味しく頂けるということでしょう。
食感(歯応え)、味わう喜び、噛む楽しさはとても大切なことです。

2.話す
正しく発語、発音することは、人に自分の気持ちや意志を伝えるのにとても大切なこと、人として失いたくないとても大事なことですね。

3.笑う
話すことと同じくらい、笑うことも大事なことでしょう。
口を閉じている人より、歯を見せて笑っている人といっしょにいたいと思うのは私だけではないと思います。
人は美しい笑顔の人とのコミュニケーションを求めるものです。
そして、求められるあなたも幸せを感じるはずです。

歯科医療とは

syoukai3歯科医療といえば、虫歯を削ったり、抜いたりした後、つめたり、被せたり、あるいは入れ歯を作ったりということが目立ってしまいます。
これらの処置はとても大切なことで、ある意味患者さんがもっとも望んでいる中心的な部分ですが、これだけでは十分ではありません。

ほとんどの歯科疾患は生活習慣病です。
生活習慣病とは生活習慣そのものが原因になっている病気のことで、日々の生活を変えなければ治すことが難しいということです。
(以前は成人病と呼ばれていましたが、近年では若年者にも見られるためこう呼ばれるようになりました。)

たとえば、降圧剤で血圧を下げても、高血圧が治ったわけではなく、インスリンで血糖値を下げても糖尿病が治ったわけではないのと同じく、歯を抜いたり、削って虫歯を取り除き、人工歯(補綴物)でそれを補っても、口の中の病気が治ったことにはならないということです。

 

歯科治療の限界

失った歯を人工物で補ったとしても、元の状態にもどったわけではなく、ましてや何の努力もなく、治療直後の状態を保ち続けることはできません。

天然歯に勝る人工歯はない

健康な天然の歯に勝るものはだれにも作り出すことはできません。
あなたの治療の終わりは健康の始まりですか?病気の始まりですか?
治療の終わりを健康の始まりとするか、病気の始まりとするかは、その人の生活習慣の改善にかかっています。

チェック&クリーニング

清水歯科(院長:清水孝治)は患者さんの治療が終了した時からが、お口の健康管理のお手伝いという最も大切な仕事の始まりだと考えています。
治療が終了したとき、それはお口の健康管理の始まりです。
清水歯科(院長:清水孝治)がお手伝いしなければならないもっとも大切な仕事は、ここから始まると考えています。
定期的なお口の中のチェックと私たちプロによるクリーニングはお口の健康を保ち、いつまでも快適にお過ごしいただくためにもっとも大切なことであると確信しています。

定期健診の重要性

痛くなったら、あるいは悪くなったら来院するというのは先進国の人のすることではまりません。 歯科疾患は慢性疾患であって、必ず予兆があるはずです。
急な歯痛、腫れなどはほとんどが定期検診で防ぐことができます。
定期的な歯科検診をお勧めしています。