インプラント・神戸市・歯科・清水歯科医院

文字大きさ

TEL 078-732-3461

フラップレスインプラント(=切らずに行うインプラント)

TOP >  フラップレスインプラント(=切らずに行うインプラント)

医院紹介

インプラント

予防と治療

スタッフ募集 インターネット予約

清水歯科

インプラント・歯周病・補綴
予防歯科・CT

清水歯科医院 
神戸市須磨区大黒町3-4-13
清水デンタルビル5階
山陽電鉄・神戸市営地下鉄 板宿駅前すぐ TEL   078-732-3461
予約用 0120-51-6480

フラップレスインプラント(=切らずに行うインプラント)

「揚げずにから揚げ」っていうCMがありましたが、あれを見るたびに、「切らずにインプラント」って、頭の中で言ってしまいます。で、その後で、「それって、ほんとにうまいんかなあ・・・・。」と思っていました。
インプラントはもちろん外科処置なので、「歯茎を切って、剥ぐって、縫う。」のは、当たり前。だったのですが、それが最近、フラップレス-インプラントという、「切らずにインプラント」というのが広まってきています。これは、ある種ブームと言ってもいいかもしれません。一見、簡単そうに思えるこの術式には、条件があります。すなわち、歯ぐきの下にある骨の形態が十分に把握されていて、周囲に炎症やのう胞などの病変がないことがわかっている場合に限って行なえるものなのです。この手術を行なうためには、CT撮影を行い、診断することが必須です。また、それを行う術者の十分な経験と高い診断能力が必要なのです。
ところで、あの、「揚げずにから揚げ」ってのを食べたことありますか?結構いけてるんですよね。で、実はあれ、「すでに揚げてる」んですね。だから、消費者が揚げなくてもいいってことなんですね。
フラップレスインプラントも同じです。術者は、患者さんの歯ぐきを直接は切らないですが、術前にCTを撮影して、コンピュータ上で一度手術を行なっているんです。正しくは・・・・。そう、バーチャル・シュミレーションです。
ですから、CTを撮るということが前提ですし、PC上でシミュレーションを行うということが前提です。ですから、もし、CT撮影やシミュレーションなどを行なわずに、フラップレスインプラントを行なうとすれば、前近代的な手術をやってる迷インプラント歯科医かもしれません。
もし、CTもとらず、歯ぐきもめくらずにインプラントをします。って言われたら、この話を思い出して、その歯科医に質問してみてください。「そんなに心配ならCTを撮りましょうか?」とでも言われたら、それは最悪、最初、「必要ない」と言っていたのに、患者で言われて撮ろうとするのは、「診断する気のない記念撮影」に他なりません。
インプラントに限らず、歯科治療は、診断と治療計画が最も重要です。
歯科領域以外でも、内視鏡を用いた手術がありますが、これと同様に高い知識や診断能力と経験が必要です。この経験とは、フラップレスの経験だけではなく、通常のインプラント手術を行った人でなければ、フラップレスの危険性がわかっていません。フラップレスしかしない歯科医師は海で泳げない人が、海に潜るようなものかもしれません。
フラップレスインプラントをご希望の方は、多くの経験と実績があり、しかも無理をしない安心で、安全なインプラント治療を心がけている、当医院にお電話(フリーダイヤル0120-516480)ください。このホームページからもネット予約できます。
最後に、もちろん私も、腫れや痛みが少ないフラップレスインプラントは積極的に行なっています。
ただし、十分な術前の診査・診断の下に、という前提付きです。